×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌荒れの原因と対策

肌荒れの原因と対策について


スポンサードリンク

肌荒れの原因と対策


肌荒れとは、肌の水分が減ってかさかさになった状態のことです。冬になると特に乾燥肌の人が 悩まされる症状で、しみ・しわなどの別のトラブルがおこってしまうきっかけとなります。女性の肌 の皮脂は男性に比べてもともと少ないとわれており、25歳くらいから減少していきます。皮脂の量 が少ないと肌荒れの原因となります。それは肌から水分が逃げやすくなり、最近が繁殖しやすく なることによって、肌のうるおいがなくなるからです。目の周りが荒れやすいのは皮膚が薄くて皮 脂腺が少ないので肌荒れしやすいです。


またストレスが原因で、肌のかさつきや、ニキビができ る、痒みが出るなどの肌荒れがおこることがあります。免疫力を低下させるストレスは、ホルモン バランスを乱すなど、皮膚に影響をおよぼします。それにより、肌荒れの症状がおこってしまうの です。さらにストレスによる不眠の症状や、食生活の乱れによって肌荒れが起こることもあります。 皮膚の脂肪の分泌を促すのは男性ホルモンです。それが減少すると角層が乾燥してひび割れた 状態になるので、肌荒れがおこります。湿度が高く、汗をかきやすい暖かい季節は肌の潤いを比 較的保ちやすいものです。しかし汗もかかず空気が乾燥する寒い季節は肌荒れが起きやすくな ります。それで冬になると肌がカサカサするのです。肌荒れ対策としては、洗顔をするときも、熱 いお湯だけで皮膚の脂肪はかなり落ちてしまうので、ぬるま湯で顔を洗い、その後に水で顔を洗 います。こうすると毛穴が引き締まり、肌の保湿効果がアップしますので、肌荒れ予防になるので す。