×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒアルロン酸の摂取量

ヒアルロン酸の摂取量について


スポンサードリンク

ヒアルロン酸の摂取量


人間の体内に存在するヒアルロン酸は、生まれたときが一番多いのだそうです。そんなヒアルロ ン酸が体内に含まれる量は、歳を重ねるにつれ減っていき、20歳を超えると実に子どもの半分 から4分の1までに減少してしまうのです。これを補うためにはヒアルロン酸ドリンクなどで摂取す る方法などがあります。ヒアルロン酸が含まれているのは、動物でいうと鶏のとさか、鶏肉の皮や 豚足、ほかにもくらげやフカヒレ、鮫の軟骨などがあります。このようなものは食材としては珍しい ものばかりで、食べることが多少あったとしても、毎日の食事にはとても出せるものではありませ ん。ヒアルロン酸ドリンクなどを使わない場合、天然のものでヒアルロン酸を含んでいる食べ物も 存在はします。


それは比較的手に入れやすいものでいうと、山芋や里芋などのぬめりを多く含む 物で、ほかにも海草や魚の眼球などもあります。ヒラメやカレイにも含まれているようですが、こ の時は切り身ではなく皮や骨がついたまま食べることがポイントとなります。ただし、ヒアルロン酸 ドリンクは人工の低分子のヒアルロン酸ですが、天然のヒアルロン酸は分子量が大きいため、体 内に吸収されにくいという性質があります。また、天然のヒアルロン酸は熱に弱いという性質があっ て、ヒアルロン酸ドリンクでも飲まない限り、日常の食生活からのヒアルロン酸の摂取はとても難 しいことになるでしょう。可能な範囲で日々の食事の中にヒアルロン酸を含む食品を取り入れると しても、その分量には限界があり、ヒアルロン酸ドリンクなどのサプリメントで摂取するなどの方法 をとる必要があるのではないでしょうか。このような身体にとって重要なものを、食べ物から摂取 することができないとは、なんとも納得いかないことのように思えます。