×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

疲労の原因と症状について

疲労の原因と症状について


スポンサードリンク

疲労の原因と症状について


疲労の原因には、体力的な疲労と、脳の疲労の2種類があります。身体的疲労は、身体を無理して使っ たり、動かし過ぎたという時に起こるものです。体の疲労を感じた時、普通は体に休養を与えた りします。または少し気分転換をはかったりして、気持ちや身体をまぎらすことを考えることもある と思います。それでも疲れがとれたように感じられないときは、脳の疲れ、または自律神経の乱 れによる疲れの場合があります。神経性疲労の場合、まず思考や記憶を連続して行うことなどに より、脳の調整力が低下します。そのため情報の処理をスムーズに行うことが難しくなるため、疲 労してしまうといわれています。


そんな脳の疲れをとるためには、ビタミンCを摂ることが有効的で す。また森林浴などで言われるように、緑や自然の香りをかぐことが脳を癒すことになり、疲労回 復へとつながります。ビタミンCは一回に摂る量が多すぎても尿とともに出てしまい効果がないの で、何度かに分けて摂る方がより疲労回復につながります。疲労が蓄積されると、体のだるさ、 頭痛、肩こりを初め、冷え、のぼせ、生理不順やを起こします。そして集中力、判断力、思考力な どを低下させ、意欲や気力がなくなったり、イライラがつのりやすくなる、などの症状を引き起こし たりもします。