×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化粧水の成分について

化粧水の成分について


スポンサードリンク

化粧水の成分について


様々な化粧水がありますが、含まれている成分には共通点があります。エタノールやDPG(ジプ ロビレングリコール)、グリセリンやBG(ブチレングリコール)などがその成分となります。これらを ベースに高分子、界面活性剤、エキス類や、増粘剤などを配合して調合されます。化粧水を作る 場合、閉塞性の膜を作るのは、コラーゲン、ヒアルロン酸や、ポリグルタミン酸、MPCポリマーで す。空気中の水気を肌に引き寄せ、皮膚の乾燥を防ぐ役割をもっています。


またオリーブ、ホホ バオイルなどの界面活性剤で乳化したものでも可能です。乳化されたオイルも水分蒸発と共に膜 となって肌の表面から水分を逃がしにくくします。アミノ酸マルチトールやグリセリンなどの糖類も 化粧品には重要な役割を担っています。グリセリンは保湿効果に優れ手に入りやすいので、手 作り化粧水にもよく使われます。そして水分補給を行います。グリセリンやヘダインなどの低分子 成分は、分子量が小さいので皮膚表面を通し真皮まで浸透することができます。化粧水には、こ の他にヒアルロン酸やコラーゲン等の肌表面で効果をもたらす成分も含まれています。主にこの 2種類によって化粧品はできあがっています。